【 珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

【 珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店 カフェ&ケーキ・パン屋

 

こんにちは!あいコンです。

近頃美味しいコーヒー豆を買える珈琲屋さん探し求めて色々訪れている私ですが、先日すんごくレトロで美味しい珈琲豆が買えるお店を発見したので是非紹介したいんです!

 

その名も【珈琲舎 談話室】。

遠赤焙煎珈琲の専門店なんですよ。←遠赤外線でじっくり中まで焙煎するから香りがすごくいいらしい。

 

御旅屋セリオ(旧高岡大和)のすぐ近くにあるので、車で走っているときに『珈琲屋さんかな?』と思って見ていた人も多いはず。←私もその一人です。

 

店構えに雰囲気がありすぎて正直入りにくさはあったのですが、扉を開けてみるとなんとも癖になりそうなレトロ空間と出会うことができました。

オーナーがまたたまらん人柄。

 

珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!in高岡

 珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

 

高岡市片原町の車道沿いにポツンとたたずむ珈琲屋さん【談話室】。

 

店の前を通り過ぎるたびに気になってチラ見していたんですが、なんというかレトロすぎる見た目に圧倒されてしまい通り過ぎる日々・・・ですが今回は意を決して入店してみようと訪問してみました!!

 

珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

 

まず、店内に入る前に店前に出してある珈琲豆を拝見。

 

珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

 

店前に出してある珈琲豆たちは本日のサービス品ってことで100g380円で購入できるみたいですね。

 

大好きなマンデリンにしようかなぁ。と思いつついざ中へ。

 

『こ、こんにちは~!!』と入ってみると、予想以上に狭い店内に圧倒!

 

珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

 

そして自宅すぎる雰囲気のカウンターで一人新聞を読んでくつろいでいるおじさまが一人・・・

……客? お店の人?  どっち?

 

【 珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店

 

と頭の中でぐるぐる考えていると

『…珈琲豆買う?』とおじさまの一言。

 

お店の人じゃん!!と安心し、緩すぎる雰囲気に肩の力がドッと抜けて珈琲豆を注文。

 

【 珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店

 

珈琲豆用意している間に飲んでなって試飲用のコーヒー貰ったけどめちゃくちゃ美味しかったんです!

おじさんにおすすめの豆聞いてから買えばよかったと少し後悔しました。

 

珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

 

どうやらおじさまはオーナーさんらしく、レトロすぎる珈琲機材に私が興奮していると照れながらも『この機械はね~』と色々教えてくれました。

 

珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

 

レトロすぎてやばいカッコよさな機械たちに癒されていたら、豆が完成。

 

珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

 

なんだか思いがけずとっても素敵な時間になりました。

 

『こんな古い店でいいの~?』といいつつ写真いっぱい撮らせてくれる優しいオーナーのいる時間が止まったような懐かしい空気あふれる珈琲屋さん。

 

珈琲ごちそうさまでした。

 

ちなみに【 珈琲舎 談話室 】は、焙煎前の生豆も販売してくれる貴重なお店です。

お店に卸したりもしているので、気になる方は是非!

 

珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店のレトロ空間にやられっぱなし!【高岡】

【 珈琲舎 談話室 】遠赤焙煎珈琲専門店  店舗詳細

【 珈琲舎 談話室 】

住所〒933-0026 富山県高岡市片原町153
電話番号0766-25-1963
営業時間9:00~19:00
無休

 

高岡を散歩しながら談話室に寄ってみよう!

今回は、高岡市の片原町にある【 珈琲舎 談話室 】の訪問レポートでした!

周りにシャッター閉めてるお店が増えている中、ずっとそこにあり続けるお店ってとても雰囲気があって素敵だなと思いました。

と同時に、雰囲気に負けて入れなかったお店にもどんどん入ってみたいなと思わせてくれたお店です。

オーナー、また必ず伺いますね!

 

あいコンでした。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました